FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今年もこの季節に・・・
今年も行ってきました。
ドリーム東小倉保育園。今年の年長組のお友達26名で例年より少し多め!みんな元気いっぱいでした。
IMG_1270_convert_20170219190143.jpg
○×クイズの前に、今年も口輪筋のトレーニング!お口の周りの筋肉がないとお口がうまく閉じていられなかったり歯並びが安定しなかったり・・・と真剣に聞いてくれていました。
IMG_1271_convert_20170219190257.jpg
次にやったのが毎年恒例の○×クイズ。
毎年同じことをやっているのですが、毎回いろいろな発見が私たちにもあります。
今年のライオン組のお友達もよーく考えてくれました。一生懸命考えて間違えてしまうと悔しくて涙がポロポロと・・・
IMG_1273_convert_20170219190440_201702192041438a1.jpg

IMG_1272_convert_20170219190354.jpg
子供たちの一生懸命さに私たちも感動しました。
また、来年も楽しみに・・・
IMG_1276_convert_20170219202700.jpg

これ、ダンボールでできてます。
わたしたちの控室においてありました。
上手すぎる!!圧巻です!!!

スポンサーサイト
未分類 | 19:47:13 | Trackback(0) | Comments(0)
今年も行ってきました。ドリーム東小倉保育園!!
2月16日(火)、ドリーム東小倉保育園に歯科指導に行ってきました。

2016繝峨Μ繝シ繝・胆convert_20160317122721



毎年恒例の○×クイズ!今年はインフルエンザが流行っていて5歳児の年長組のお友達が少なかったので4歳児の年中組のお友達も参加!26名でした。
毎年お伝えしている問題!おじいちゃんおばあちゃんになるとみんな入れ歯になる・・・という問題。答えは×ですが24名のお友達が○の答え(・_・;)いつの日か×の答えが多くなることを夢みて私たちは日々の歯科業務に邁進したいと思います。

2016繝峨Μ繝シ繝3_convert_20160317122539

今年は少し思考を変えて違うこともしてきました。
最近の子供たち、お口を開けている子が多い!口のまわりの筋肉(口輪筋)の発達不足です。楽しみながら筋肉をつけてもらおうとお口で綱引きをして遊びました。1.5㎝大のボタンにタコ糸をつけて歯とくちびるの間にはさみます。これをS字フックでつなぎひっぱりあいっこをします。もちろんひもがでているので自分で引っ張ってもいいんです。子供たちにやってもらったらお口がつかれる・・といった声が多く聞こえました。疲れている=筋肉を使っていること繰り返してやることによってお口のまわりが鍛えられて強くなっていいことがいっぱいあることをつたえてきました。

2016繝峨Μ繝シ繝・狙convert_20160317122631

少しでも、子供たちの記憶に残ることができればうれしいです。
また、来年をたのしみに・・・

未分類 | 23:18:48 | Trackback(0) | Comments(0)
キシリトールのセミナーに行ってきました。
歯科衛生士のためのキシリトールスキルアップセミナー

  ①キシリトールには、う蝕う蝕抑制の効果はないのか?
2015年、4月頃キシリトールにはむし歯予防効果が確認できなかったと国際NPO(コクラン共同計画)からの発表があった     とインターネット等に記載された。インターネット上に出回っている情報はコクラン共同計画の内容を間違って訳しているた     め、キシリトールにはう蝕予防買うかがないとと誤訳を与えてしまっている。
実際、コクラン共同計画による発表による発表を訳すと研究の対象となったのはキシリトールキャンディー、キシリトール入     りシロップ、キシリトール入り歯磨剤の三種類でありこのうちキャンディーとシロップにはう蝕抑制効果があまり見られず歯     磨剤(1.000ppm以上のもの)に関しては効果があったとしている。この研究にはこの研究にはキシリトール入りガムは含まれておらず、コクラン共同計画ではガムに関しては効果がないとの発表は一切していない。インターネット等ではキャンディーとシロップの効果のみに注目してキシリトール全体にう蝕効果がない、というように記載されてしまった。
コクラン共同計画以外の米国小児歯科学会やJAM Dent Assoc(雑誌)などではキシリトール入りガムにはう蝕抑制効果が     あると発表がされているたね、一つの発表だけでキシリトールにはう蝕抑制効果がないと考えることは正しいとはいえな      い。

  ②キシリトールの活用による口腔健康へのアプローチ
生まれたての赤ちゃんの口腔内にはミュータンス菌は存在しない。同じスプーンを共有したり噛み与えをする際、大人から     だ液を通じて感染してしまうため、まずは母親を含めた周りの大人たちがむし歯を予防して口腔内のミュータンス菌を減ら     すことが大切である。

自宅で行うことができる予防としてキシリトールは手軽に手に入り簡単に取り入れることができるというメリットがある。

  キシリトールのメリット
    ・唾液分泌の促進
    ・再石灰化の促進
    ・ミュータンス菌の活動を抑制する。
    ・歯並びの悪い人、上手の歯磨きができない人も簡単に取り入れられる。

いつ摂取したらいい? → 1日3回、毎食後、できれば間食後目る前にも噛むとよい。

歯磨き前?後? → 歯を磨いたら何かを口に入れる習慣はなるべくつくらないほうがいいのでできれば磨く前の方がよい

何分噛んだらいいか? → キシリトールの効果だけを考えるなら5分程度でよいが唾液を出す効果も期待するの20~30分程度噛むのがよい。


未分類 | 08:16:23 | Trackback(0) | Comments(0)
松村歯科自慢の患者さま!第四弾!!!
小さいころから、松村歯科に通いむし歯は一本もありません。
今でも半年に一回はかかさずPMTCとガムマッサージを続けています。
この状態をずっとずっと守っていきたいです。

山崎かすみ

山崎かすみ1


未分類 | 15:24:40 | Trackback(0) | Comments(0)
今年もドリーム東小倉保育園に歯科指導に行ってきました。
毎年、今の時期になると年長組を対象に歯科指導に行きます。
恒例の○×クイズ!
今年の子供たち少しおとなしめ)^o^(お友達についていく子が多かった気がしました。
勇気を出して自分の考えを貫いた子、一番になって賞状をもらい誇らしげでした。
毎年出してる問題!!!おじいちゃん、おばあちゃんになるとみんな入れ歯になる・・・という問題。
答えはもちろん×です。
今年は21人中3人が×の答え(^o^)去年よりふえてる(*^^)v来年もふえていますように・・・

楽しい時間を過ごせました。
また来年・・・

P1171603_convert_20150126232753.jpg

P1171611_convert_20150126232909.jpg

P1171625_convert_20150126233002.jpg




未分類 | 23:36:36 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。